胃炎完全治療

胃炎に苦しんだ日々。飲み会があるたびに気持ち悪くなっていたあの日々。僕は胃炎を治療することに成功し、やっとあの地獄から這い出す事ができました。
胃炎完全治療トップ > - > スポンサーサイト


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



↓お役に立ちましたらポチっとお願いします↓
人気ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ 食道・胃腸の病気へ

| - | - |
胃炎完全治療トップ > 胃炎日記 > 家族の支え


家族の支え
ぼっーと病室の天井を眺めていると、ひょっこり見知った顔が現れた。

弟だった。

突然、心配して遠くからやってきたみたいだった。

なんだか不思議な気持ちがした。

「ブッシュ妄言録」という本を見せてくれて、

「人間と魚は共生できる」

とかの、ブッシュのバカ発言に大爆笑した。

さっきまで、発表練習で死ぬ思いをしていたのが信じられない。

次の日には母親も来てくれた。

倒れてしまった息子をどういう思いで見ていたのだろう。

学校の先生も来てくれた。学部長で僕が今までの人生で最も尊敬する先生だ。

千と千尋の神隠しには深い意味があるとか、キューブリックの映画の話をし、卒業発表は僕だけ別の日にさせてくれるということだった。

いろいろ調整してくださったのだろう。一時は卒業をあきらめただけに本当に嬉しかった。

3日で退院することになり、入院費は兄が出してくれた。お金が本当になかったので、感謝。

そのあと、実家で1週間ほど過ごした。あまり体調は回復しておらず微熱があったが、卒業発表をすることにした。

途中倒れそうになりながらも、45分のプレゼンを見事に終わらせた。一回も練習してないのによくうまくいったなぁと感心する。

そして、晴れて卒業できることになった。

卒業証書をもらったときはうれしくて、うれしくて涙が出そうだった。

本気で2回卒業をあきらめたことがあったので、卒業できて本当にうれしかったのだ。

卒業発表が終わると、担当教官の態度も変わった。

発表の内容が良かったらしく、論文にしないかと言われた。
先輩達が幾度となく挑戦し、成し遂げられなかった世界初の成果も盛り込まれていた。

書きたかったが、生活費を稼がないといけなかったので、断った。

本当にいろいろ苦労したがやっと卒業である。

でも、こんな弱い体で社会人としてやっていけるのかという一抹の不安は抱えていた。


↓お役に立ちましたらポチっとお願いします↓
人気ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ 食道・胃腸の病気へ

| 胃炎日記 | comments(0) |
胃炎完全治療トップ > - > スポンサーサイト


スポンサーサイト


↓お役に立ちましたらポチっとお願いします↓
人気ブログランキングにほんブログ村 病気ブログ 食道・胃腸の病気へ

| - | - |
comment
send



目次
新着情報
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
モバイル
qrcode
アクセス解析

JUGEMブログテンプレート ▲このページの先頭へ